栃木リキュールについて

2012年に始まった2人姉妹の自家製酒BAR「フルールドゥリス(アヤメとユリの意味)」のおもてなしから派生して、2018年栃木リキュールは誕生しました。
BAR時代から一貫しているのは、ナチュラルで心地よい身近なカクテルを楽しみたいという想い。
地元の素材を使って、お客様との信頼から生まれる商品は、まごころを何より大切にしています。​

エコロジーな原酒
原酒には、サトウキビの廃糖蜜(砂糖を製造する際の副産物)を蒸留した、95度の高純度アルコール原酒を使用しています。
クセのないニュートラルでスピリッツを使用することで、フルーツなどの素材本来の香りを生き生きと表現しています。
原酒は日本の酒税法上「醸造用アルコール」と表記しますが、酒質はスピリッツ(高アルコールのラム酒)に該当する蒸留酒です。

酒づくりのポリシー
製造では素材の温度や状態を感じながら、手仕事を好んで楽しく作り込みます。

​経済成長と環境に対するスタンス
私たちは常にベストを目指していますが、それは経済的な拡大とは別のものです。
お客様の安心と笑顔を指針に、「資源を浪費しない世界」の中で全力の作品を生み出すことを大切にしています。
毎年の気温上昇や豪雨の増加が懸念される中、私たちは「地域の循環の中で作ること」を大切に考えています。
意義ある生産活動を心がけ、リキュール加工後の農産品の再活用に取り組みます。

HISTORY

since 2012

地産地消のお店
BAR fleur-de-lis

BARフルールドゥリスは2012年に原綾子・原百合子姉妹によってオープンしました。
カウンターには身近な農産品を使用した自家製酒をずらりと並べ、自家製酒カクテル・地酒カクテル・ワイン・料理といった、ローカルBARならではのマリアージュを完成させていきます。

100% handmade soap bar

since 2018

酒造の楽しみ
Tochigi Liqueur

姉妹は新たにリキュール酒造を始めることを決意します。
2018年(株)栃木リキュールを開始し、BARとの連携を始めました。

meet the founder

since 2022

小さな売店
natural shop unpeu

お客様が快適な空間で喜びに出会えることを願って。
2022年よりBARのエントランスに農産加工品やハンドメイド土産の取り扱いを開始しました。
私たちは、狭い空間や今あるものを生かして何かをすることがとても好きです。

WE ARE

原 綾子 HARA AYAKO
1980.6.12
バーテンダー・ソムリエ・料理

自己紹介
BARフルールドゥリスの原綾子と申します。
皆さんが良い時間を過ごせるよう、毎日変わらずお店に明かりを灯してお待ちしています。

to 百合ちゃん
一緒に仕事ができて嬉しいね。これからもお互い元気にがんばろう!

原 百合子 HARA YURIKO
1982.4.23
バーテンダー・酒造

自己紹介
栃木リキュールの原百合子と申します。
BAR共々楽しい時間が届けられるよう、季節や定番のお酒をご用意いたします。

to 綾ちゃん

綾ちゃんと姉妹を結成してから今日までずっと、変わらない努力の人で尊敬しています。これからも健康でがんばろう!

略歴
2005年 宇都宮大学教育学部国語科卒
2005年 カクテルBAR「夢酒OGAWAパイプのけむり」入社
2006年 NBA関東ジュニアバーテンダー大会銅賞
2012年 BARフルールドゥリス開業
2018年 株式会社栃木リキュール設立